MASTERPEACE / 『WANT TO LIVE, WANT TO DO IT』(4曲入りカセットテープ・完全限定生産・ナンバリング付き)

REBEL CARNIVAL創設メンバーにして飲酒部門リーダー、そしてアメ村が世界に誇る混沌アパレルショップartistdoor店主を務める大阪ハードコア・シーンのキーパーソンの一人GTOがマイクを握るバンド、MASTERPEACEの最新音源。

気がつけば彼らも結成16年、本作を合わせると今までに15枚の単独音源とスプリットを発表し(オムニバスを含めると29枚)、常に止まることなくシーンの最前線を我武者羅に走ってきた。
作品毎に変化していく楽曲スタイルで知られる彼らだが、今回もまた新境地を開拓したフレッシュな内容となっている。

シーンが熱い信頼を寄せるLM STUDIOのIPPEI氏がレコーディング・ミックス・マスタリングを担当し、大阪グラフィティ・シーンの立役者DISE(CMKgallery)が外装アートワークを手掛けている。
カセットテープ本体に記載の不思議なキャラクターはグラフィティ・ライターDROPの描き下ろし。

本作は2018年初春にCDプレスされ、全国で一斉発売される予定だが、一足先にカセットテープでの先行リリースとなった。
カセット版は完全限定生産(ナンバリング付き)となり、購入可能なショップも極少数に限られている。
ちなみにもう周知の事実だが、MASTERPEACEが結成当初から使用しているバンドの公式ロゴはCASPER(CMKgallery)が描いたもの。

Track List:
A1. Want to Live, Want to Do It
A2. Know Reason Why
A3. Man or Machine
A4. From 2017 to 2018
販売価格 1,080円(内税)